この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

車の買い替えには時期が重要!

車検の前と後ではどちらがお得?

車の維持費の中で大きな負担となるのが車検。車検を迎えるタイミングで、車の買い替えを検討する方も多いかと思います。
しかし、車検はお金がかかるからこそ、売るときは車検を通しておいた方が高く売れるのではないか、という考え方もあります。実際のところ、どちらがお得なのでしょうか?
車の査定の際、確かに車検がまだ残っている車の買い取り価格はその期間によって上乗せされます。特に、大型車や高級セダンなどは車検にかかるお金も高くなるため、この上乗せ幅も大きくなります。
そうは言っても、上乗せ額が車検費用を上回ることはありません。一切車に乗ることがなくなったのならば、維持費を支払い続けるよりも、少しでも車検が残っている間に売った方が、買い取り価格はやや高くなりますが、普段から車を使用するならば車検の期限ギリギリまで乗った方がお得でしょう。

車を売るなら季節を考えて!

新生活の始まる春。住宅の需要も高まることは有名ですが、この時期には車の需要も高くなります。引っ越しを契機に車の購入を考える方が多くなるためです。
また、4月の下旬から始まるゴールデンウィークには旅行や観光などのレジャーに車を利用したいと考える方も多く、春には全体的に車の需要が高まるため、本格的に春を迎える前の3月に買い取りを強化する業者が多く、この時期には買い取り価格が高くなります。
生活の変化ということで考えると、6月も狙い目です。6月はジューンブライドのジンクスで結婚する方が多い月のため、家庭ができるタイミングで車を買う方が多いのです。
車種も季節に関係します。春から夏のレジャーシーズンには野外レジャーで役立つバンやワゴン、路面の状態が悪くなることの多くなる冬には4WDの人気が高まります。
車を売るときには季節も重要な要素になりますので、頭に入れておくと良いでしょう。