この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

お得に車を手に入れよう!

モデルチェンジの前はチャンス!

モデルチェンジにはフルモデルチェンジとマイナーチェンジの2種類があります。フルモデルチェンジは機能や性能、デザインと、車の在り様がガラリと変わることです。位置づけとしては販売中のモデルの後継機とはいえ、別の車を作るようなもので長い開発期間が必要になるため、4~6年ほどの周期で行われます。
マイナーチェンジではデザインの変更はほぼ行われず、主に性能の面で改良が施されることです。車の全般を変更するものではないため、周期は比較的短く、2~4年ほどで行われることがほとんどです。
こうしたモデルチェンジが発表されると、現段階で販売している車は近いうちに旧型扱いとなるため、売れにくくなります。モデルチェンジ後の車が発売されたあとはより売れにくくなるので、業者は大幅に値下げしてでも在庫を売り切ろうとします。そのため、安く車を手に入れるチャンスなのです。

消費税率引き上げに注意!

2019年の10月には消費税率が10%に引き上げられる予定です。
車は単価の高い商品ですから、2%の差で数万円以上の金額差が生まれます。できるだけお得に車を手に入れたいと思っており、現時点で少しでも車の購入を考えているのならば、早めに決断することをおすすめします。
なお、消費税率は納車時点のものが適用されます。そのため、契約日は消費税率変更前の期間だったとしても、納車が消費税率変更後の日程になった場合、消費税は変更後のもの、つまり10%が適用されてしまいます。
在庫や手続きの問題上、契約しても納車されるまで数週間から数ヶ月かかる場合もあります。契約は余裕をもち、数ヶ月前に済ませておくと安心でしょう。