この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

買い替えを一度に済ませるなら

売買は決算期が狙い目!

ほとんどの業者の決算月は3月と9月に設定されています。それぞれの店舗で掲げられた販売目標の達成や、販売実績の引き上げのため、決算のタイミングまでに少しでも多くの車を売ろうと、業者は普段以上に積極的な販売姿勢を見せます。
また、自動車業界以外でも半期の開始は4月と10月に設定されていることが多く、このタイミングでライフスタイルが変わることも多いため、この時期には車の売買が非常に活発になります。
つまり、決算期は“車が高く売れて安く買える時期”なのです。買い取りでは業者が多くの車を売るために買い取りを強化しますし、販売では実績を伸ばすために通常よりも低く価格を設定して販売数を稼ごうとしているためです。

早めの行動が大切!

決算期の買い替えがお得だからといって、決算月の3月や9月に動き出しては遅すぎます。
車を買いたい場合、納車が決算に間に合わなければ安価での購入はできません。業者の販売実績としてカウントされるのは購入の登録が完了する納車後の取引のため、納車が決算を過ぎてしまう可能性が高くなると、価格を安くする必要がなくなるためです。そのため、納車を決算に間に合わせる必要があります。
購入については、9月の場合、一般的に8月中に店舗まで決定しておけば交渉等に比較的充分な時間をとれますが、3月の場合、余裕をもって検討するためには1月頃までには店舗を決定しておく必要があるでしょう。2月になってから店舗を探し始めても間に合わない可能性が高いです。
売りたい場合も、9月・3月に向けて業者は仕入れを強化しているので、その1~2ヶ月前を目安に手放すのがお得でしょう。